海外初一人旅!準備の五:Wifiレンタル編

Leave a comment
LINEで送る
Pocket

海外旅行において、現在ではスマホは必需品。その昔韓国旅行へ行った時などは、レンタル携帯とかやってたものだけど、今は自分のスマホで何とか出来てしまうので便利な世の中になったものです。

2年前(2012年)に台湾へ行った時、レンタルWifiの存在を知り、使用しました。お値段はそれなりでしたが実に便利だったので、今回もレンタルWifiで行くことにしました。

フリーSIMという存在もありますが、私のスマホはフリー化していないので、今回もレンタルで。頻繁に海外へ行く人なら、レンタルWifiより、現地の空港でフリーSIM購入のほうが良いと思いますよ。(返しに行く手間とかないですしね)

さて、今回レンタルwifiは前回の「グローバルデータ」ではなく、「グローバルwifi」policy_banner02でしました。こういうロゴのやつです。

今回選んだ理由は

●前回の所でレンタルしたあと個人情報流失騒ぎに合い、その後クレカに不正アクセスを食らってカード再発行する羽目になった(お詫びは次回利用時の割引クーポンしかも期限付きwwwwとっくに切れとるわwwww)

●グローバルwifiではJCBのキャンペーンで割引が利いた。また、個人情報流出対策がされているということだった。

の2点です。

他にも数社レンタルwifiを扱っている会社があるので、比較してみるのも良いかもですね。

レンタルWifiってどうやって借りるの?って人も居るかもしれませんので、流れを書きます。

●レンタルWifiのサイトへ行き、見積もりをする(数社見積もるといいです)比較サイトも有るので利用すると良いです。

●キャンペーンをチェック(大体何処かやってる)ので、しっかりチェックして割引してもらいましょう。サイトのフォームから申し込みます。比較サイトから飛んだり、お手持ちのクレジットカードなどのキャンペーンで色々割引できる場合が有ります。ちなみに私の場合はJCBでした。

●旅行当日、空港内にあるレンタルwifi会社のカウンターで受け取り。(予約確認メールをプリントアウトしていくといいですよ)なお、利用する空港に、カウンターが無い場合は申し込み時点で宅配を選択すると思います。特に国内線乗り継ぐ人は注意。現地に着いたらwifiを設定。

<重要>スマホ側のデータローミングとかiCroudとかアプリの自動更新を停止するとかしておきましょう。してないとパケ死します。ios9以降の人はWi-FiアシストもOFFにしておきましょう。ONだとwifiが弱いときに勝手にモバイルデータ通信を始めてしまう恐れがあります。
日本の空港に居る間にやっておくのがベスト。自分の携帯会社のカウンターに行ってお願いすればお姉さんがやってくれますよ。

詳しい設定方法は各会社のページを見ましょう。本体に説明書がついてくる事もほとんどです。そんなに難しい設定ではないので、データローミングとアプリの自動更新さえとりあえずOFFにするのを忘れなければ大丈夫です。

●現地でwifiを使う。バッテリーがそんなに持たないことがほとんどなので、充電をこまめに、現地の無料Wifiが使える所ならモバイルの電源を切って節約などしておくといいですよ。

●帰りの空港で、wifiの電源を切りスーツケースにしまって機内預かりに預ける。日本で発動しないように現地で切って置きましょう。空港内には無料wifiが飛んでいる事が殆どなので無問題。

●日本の空港に着いたら、返却カウンターへ返却。営業時間外の返却時は指定されている返却ポストへ投函。これでOK。

 

設定自体も箱を開けて、本体取り出して起動したら、スマホのwifi選択画面に出てくる色んなWifiの中からルーターの裏側に記述されているSSID(ネットワークID)を選択して、パスワードを入力。前回実際にやってみたら初めてで説明書見ながらでも6~7分くらいしか掛かりませんでした。IDとかpassなど、文字を入力するスピードは個人差あるからアレですが。

 

デメリットと言えば、借りる&返却の手間が掛かる、充電が結構早く減るので、電池残量を気にする、現地でのアクシデント(故障)などの心配・・・・あと、身軽に行きたい人にとっては少しとはいえ荷物に感じるかもしれないですね。

でもこれで、LINEやスカイプなども使えますので現地の友人たちと連絡取ったりも出来ますし、日本に居る家族とも連絡取れますね。勿論ネットも使えるので安心です。

上級者になったらフリーSIMで、より荷物を少なくできますね。私もいつかフリーSIMに挑戦したいです(^^)

Leave a Reply