台湾初一人旅!:四日目

Leave a comment
LINEで送る
Pocket

と言うわけで、早いもので台湾旅行も4日目。明日はもう帰国です。早いものだなあ。

お部屋の撮影を忘れていたので、此処で漸く撮影(苦笑)撮影が日が昇る前なので、暗いですね(汗)

2016_6taipei4d1

ビジネスダブル、広くて気持ちよかったです(^^)お金に余裕があったらまた泊まりたいですね。二人とかで泊まれば、お値段折半できるので良いですね。

2016_6taipei4d2

シャワーとトイレはセパレートなので嬉しい。でも、バスタブは無いので、ゆっくり浸かりたいという人は、バスタブのある部屋を選択する必要があります。

2016_6taipei4d3

朝食は普通にビジネスホテルです。特筆することは無いです。でも、朝はのんびりしたいという人には利用する価値あり。勿論、近くに屋台とか朝食食べる所は沢山有りますから早起きして出かけるのも良いです。

2016_6taipei4d4

 

本日は、午前中、中国結び教室2回目の授業を受けて、七宝編みのブレスレットを作りました。難しかったけど・・・・また次回も受講したいです!!

 

授業後、民西櫂駅でLさんと待ち合わせ。淡水へ向かいます。今日はかなり暑いので覚悟して行こうと話しながら、淡水駅に着くと。

バーローが居た(笑)

2016_6taipei4d5

そういえば去年出雲に行ったときに、出雲駅とか松江駅とか見たわこの広告(笑)台湾でもやってたんだ・・・。てか、普通に日本語でミステリーツアーって書いてあって笑った。台湾の皆さん、鳥取とか島根とか良い所ですんで遊びに来てね(笑)・・・と、愛知県民が言ってみる(オイ)

駅から一歩でたらこの夏真っ盛りの空。そして空気が熱い。

2016_6taipei4d6

淡水駅はこのレンガ造りの駅舎が綺麗。青空に映えますね。建物自体はまだ新しいようです。あ、駅のトイレも綺麗でしたよ。コレは重要情報ですよね(笑)

2016_6taipei4d7

淡水の海側へ来ました。目の前の山は横たわった観音様に見えると言う事で。左側が頭ね。

2016_6taipei4d8

日差しはものすごく強いけど、実は本日、風が吹いていて体感的には比較的過ごし易かったです。Lさんも今日はラッキーですよと言ってました。今回、天候に結構恵まれた旅です。

水分補給に酸梅湯。

2016_6taipei4d9

1杯30元。烏梅を使ったジュースです。此処のは結構甘かったです。個人的には甘いのより酸味のあるほうが好きです。店によって味が違うぽいですね。

2016_6taipei4d10

屋内のフードコートも新設されてたようで、色々有りました。

2016_6taipei4d11

屋内の観光名品店なんかもちゃんとありましたよ。

2016_6taipei4d13

 

お昼はLさんお勧めの淡水名物、阿給(あーげい)という料理を食べに行きます。

2016_6taipei4d12

一階は満員で、2階へ移動。二階もほぼ満員でした。

アーゲイってナンだろうと思いつつ。

2016_6taipei4d14

 

注文後、直ぐに来ました。阿給35元。魚丸湯35元。阿給はお揚げの中に何か入っている模様。魚丸湯は魚のつみれのスープのようです。

2016_6taipei4d15

割ってみると、中から春雨が出てきました。周辺のとろりとしたスープと絡めつつ頂きます。見た目はびっくりですが、少し甘辛的な感じで、美味しかったです。

2016_6taipei4d16

魚丸湯は食べたら・・・・うん、魚のつみれでした。実にシンプル。鰯のつみれのような臭みは無かったので、食べやすかった。けど、スープがパクチー(私は苦手)のスープだったのでスープは個人的には少し苦手でした(汗)香菜苦手な人は気をつけましょう。

2016_6taipei4d17

お腹が一杯になった所で、次は淡水の散策です。

2016_6taipei4d18

南国って言う感じがしますね・・・。でもこの人達寝返りうったら落ちそう(汗)

淡水の名所、紅毛城の入り口。新北市になったと言う事で、期間限定で無料で見れるということでした。

2016_6taipei4d19

ただし工事中(オイ)

2016_6taipei4d21

工事期間は6月30日までと書いてあったので、今日の時点(7月31)ではもう公開されていると思います。

2016_6taipei4d22

奥の建物は資料館。こちらは観覧できました。

2016_6taipei4d23

青空とレンガと緑がすごく綺麗に映えます。

2016_6taipei4d24

向こうに見える山は観音様が横になっている姿に見えるそう。左が頭側です。あれ、さっきも言った気がする(笑)

2016_6taipei4d25

資料館内部は撮影禁止なので写真はありませんでしたが、淡水の歴史が貴重な資料と共に展示してありました。

若者向けコーナー的なものもありました(笑)

2016_6taipei4d26

紅毛城に隣接するように真理大学が有ります。アメリカンポップなポスターが目立ちます。

2016_6taipei4d27

130年の歴史を持つ学校で、創始者はスコットランド系カナダ人宣教師のジョージ・L・マッケイ牧師。上のポスターのバイクに乗ってる髭のおじさんがマッケイ氏その人です。一般的にマッケイ博士と呼ばれてるそうです。

こちらはマッケイ博士と学校の歴史資料館。ちなみにマッケイ博士は現地の人と結婚して、子孫が現在もいらっしゃるそうです。宣教師としてキリスト教の布教と共に医療や教育に力を入れた人。日本統治下の資料もあり、日本語の新聞で、マッケイ氏と台湾人女性との国際結婚の記事が展示されていたりしました。

2016_6taipei4d28

アメリカンポップ・・・。マーベルヒーローに出てきそうですな(笑)カナダのカの字もない雰囲気がツボに嵌まった私(苦笑)ちなみにマッケイ博士は台湾では馬偕博士と表記されることが多いそうです。(正式な表記は「偕叡理」)

2016_6taipei4d29

再び淡水の海を眺めつつ。代理のカピバラさんでぱちり。

2016_6taipei4d30

淡水老街へ繰り出します。

2016_6taipei4d31

工事中で残念・・・。

2016_6taipei4d32

淡水老街にあるパン屋さん。奥がちょっとした資料館。店主がいきなり自作の歌を歌いだしたり、試食が大盤振る舞いだったりと人気のお店だそう。

2016_6taipei4d33

粽のお店。そういえば未だに粽を食べていない!!と言う事でLさんに頼んで立ち寄ってもらい、粽を買いました。

2016_6taipei4d34

人気ナンバーワンの上から2番目のやつです。色々具沢山でした~~。ホテルに持って帰ります。

散策中、怪しいアート?落書き?を発見。

2016_6taipei4d36

路地裏散策。趣のある古い建物がまだまだあります。

2016_6taipei4d37

花枝の焼というイカの天ぷらを串に刺した屋台料理の看板。どうしてそこに「の」を入れちゃったの・・・。怪しい日本語とは裏腹に、試食させてもらったら美味しかったです。

2016_6taipei4d38

 

淡水散策も終わり日も傾きかけてきたので台北市内に戻り、Lさんと解散。お世話になりました、非常多謝!!おかげさまで楽しい淡水観光が出来ました!

いったんホテルに戻って、一休みしたら本日の夕飯。台湾最後の夜なので、ちょっとリッチに行こうと思いガイドブックを眺める・・・。しかし、ガラチキハートの私。仰々しいレストランに一人で入る勇気は無い。でも最後の夜に屋台とかコンビニは嫌だし、まして日本料理の店とかは却下。・・・で、目に留まったのがこちら。

金品茶語。金品茶楼の系列のお店。ちょっとカジュアルな感じのお茶と点心が楽しめる・・・的な?

2016_6taipei4d39

入り口のメニューには日本語も。ようしここに決まりだ!!ガイドブックにおひとりさまでも心強いって書いてあったし(オイ)

2016_6taipei4d40

早速中に入ると、店員に2階へ案内されました。1階はお茶で2階がお食事って感じかな?店内にはアートが飾られててホッとします。

2016_6taipei4d45

綺麗で女子受けしそうな店内。おひとり様は私だけだけど平気平気私はツーリストだもん(と言い聞かせるチキンハート)色々注文します。メニュー表の写真を指差して普通に注文。(日本語がある程度通じる人が居ました)

2016_6taipei4d41

今回頼んだもの。注文するとこんな感じで注文票が置かれます。

2016_6taipei4d42

501元。サービス料46元が加算されてます。さすが高級店(の系列)。(中国語出来ない)日本人ということで、店員さんたちも色々気を使ってくれたので、感謝です。

点心は小龍包と蒸餃子と割包とお茶とスープのセット。おひとりさまでも色んなものが少しずつ楽しめちゃうよ的なコンセプトのセットです。観光客にはありがたいですよ!

2016_6taipei4d43

注文したものが届くと店員さんが注文票のメニューを消していくスタイル。忘れが無くていいですね。

コレは今日のスープらしい。何かの海草のスープでした。美味しかったです。

2016_6taipei4d44

黒胡麻のパイ饅頭。これはセットには含まれて居ません。単品で注文しました。だって私はこの黒胡麻餡が大好きなのです。写真見ちゃったらもう注文するしかなかった(笑)ちなみに60元。

2016_6taipei4d46 2016_6taipei4d47

おいしゅうございました・・・・コレ持って帰りたいわマジで。

トンポーローが挟んである割包(カーパオ)。コレも美味しかった。持って帰りたk(以下略)

2016_6taipei4d48

お腹もいっぱいになって一息休憩した所で、店を出ます。ちなみにお会計は1階でした。ではでは、町での最後のお買い物。金興發にテープがある事をLINEでLさんに教えてもらっていたので早速向かいます。

日本で言う所のドンキホーテとかそういう何でも売ってる感じの店ですね。まさに雑貨。

2016_6taipei4d49

チープなものから便利グッズまで取り揃えてあります。ここでマスキングテープとかを無事ゲット。

2016_6taipei4d51

お友達がお勧めしていた麻油鶏麺もGET。

2016_6taipei4d52

ここも悠々カードが使えるみたい。でも気づくの遅かった、残念。

ホテルへ帰りながら町を眺める。麺屋一燈、激混み。

2016_6taipei4d53

まあ、私も行ったことないんだけどさ(笑)

情緒ある夜景も今日が最後だと思うと名残惜しい。また来たいな。

2016_6taipei4d54

そしてホテルに戻って、帰りの準備をして、就寝しました。明日は帰国です。

-つづく-

Leave a Reply